生理前後の不調との付き合い方

生理前後の不調時はどう過ごすべきか

女性に毎月1度、4~6日間の周期で起こる生理ですが生理が来る前は調子がすぐれないと感じる女性が多くいます。

生理前後は心身ともに不調の時期ですが、なかには生理がすごく軽い人もいますし病院で点滴を打たないといけないほど重い人もいます。

生理前の諸症状は多々あり、その種類は心身両方で200種類を越えるとも言われています。

多くの人によく見られる身体的な不調は胃痛、下腹部痛、排卵痛、頭痛、腰痛、吐き気や風邪っぽい(微熱があり、咳や喉の痛みはない)、異常な眠気、体のだるさなどの症状がよく訴えられます。
この時期は肌荒れしやすい時期でもあって、とくにあごや頬のあたりにニキビが出来やすくなります。

「お肌ケア」について、詳しくはコチラ▼
http://www.joiningforcesonline.org/

精神的な不調も出てくる時期

精神的な不調はイライラしやすい、焦燥感がある、特にこれといったことがないのに落ち込む、人に言われたことがやけに気になる、ちょっとしたことで泣いてしまう。などです。生理前は情緒不安定になりやすくテンションの高低差が激しくなります。

また、生理前は判断力が低下しやすい時期で間違いが増えやすくなったり、衝動買いをしやすくなります。
生理前の時期は、対人関係の面でも問題を抱えやすくこの時期になるとイライラしやすくなって人と喧嘩をしやすいというのも傾向としてよく見られます。

これらはホルモンバランスの乱れから起こる現象で、運動でセロトニンを増やしたり漢方の服用や食事、入浴などでリラックスすることで改善できます。

生理中の体調不良の乗り越え方

生理中は多くの女性は体調がすぐれません。

特に1~2日目は出血多量からくる貧血や吐き気、生理痛や立ちくらみなどで学校や会社を休む人も珍しくありません。
大体3~4日目から徐々に回復しますが、その間は生理前半で出て行った鉄分を補給するのに忙しくなります。

また、貧血になると眠気の症状も引き起こされてベッドから起き上がれないこともあります。
生理中は食事がままならない人もいて、普段よりずいぶん少食になります。
体調が悪すぎてあまり食べられないようなときは、鉄分が多く含まれている豆腐や緑黄色野菜がおすすめです。

生理中にお菓子を食べるのであれば、あんこやチーズが貧血に有効です。
この時期はちょっとしたニオイにも敏感になっていてニオイの強いものを嗅ぐと気分が悪くなったりします。
味覚に変化が出る時期でもあり、普段は好みの味でも生理中は食べ慣れている味でも変な感じがしたり食欲がなくなります。

しかし、ニオイがほとんどない食べ物の方がスムーズに鉄分を摂れるのでお勧めです。

まとめ

生理の諸症状には薬や運動、食事、リラックスすることで改善できます。

中でも漢方を使った治療と運動はお勧めです。漢方には生理不順や貧血を副作用なしで改善できるものがあります。

運動が苦手でも、晴れた日に散歩をするだけで生理前の憂鬱な気分が軽くなりセロトニンも補充されるのでお勧めです。
また、生理前の散財を防ぎたい場合は普段よりもお金を少な目に持つと衝動買いを防げます。

関連記事です