女性の鬱病に関しての説明記事

人間関係のトラブや過去にあった辛い出来事を思い出す事によるうつ症状は、「意欲減退」「対人恐怖症」等を引き起こし日常生活に使用をきたしてしまいます。この記事では、そんな鬱病に関する特徴と対策を説明した上で、女性の体に鬱病がどのような作用をもたらすのかその説明も同時に行っていきたいと思います。

女性は男性よりも鬱病になりやすい

女性は幸福を感じるホルモンである「セロトニン」の分泌量が男性よりも少ないので、「気分の落ち込み」「将来への悲観」などのネガティブな思考に陥りやすいという特徴があります。さらに、月経前には特にセロトニンの分泌量が減少してしまう事も女性が鬱病に陥りやすい原因と考えられているのです。このような急激な感情の変化を抑える対策として「健康的な食生活と環境の整備」が挙げられます。栄養素をきちんととり、できうる限りストレスの少ない環境で過ごすことを心がけることができればセロトニンの分泌量を増加させ幸福な気分を感じやすくなります。

女性は人生においてストレスに感じる出来事が多い

女性は男性よりもコミュニケーション能力が高いとされており、人間関係において周囲に溶け込みやすいという特徴を持っています。これにより人と多く話す機会が多くなるという事になりますが、多くの人間と話すという事はそれだけ人間関係によるトラブルが発生しやすいという事でもあり、会社の同僚や友達、両親と深い信頼関係を築けば築くほど、彼らに拒絶されたときのストレスは大きなものとなり自分に降りかかってしまうのです。さらに女性は「母」という立ち位置になることが多い事から、人生において自身の立場が目まぐるしく変化する事で大きなストレスを感じてしまう事にもなりえます。結果としてそれらが積もり積もって鬱病となってしまう事もあるので、すべての出来事を自分一人で抱え込まずに、両親やパートナーなどにうまく役割分担を行うことがストレス軽減に繋がります。

このように、女性の体質的な問題と自身の立ち位置の変化により鬱病にかかりやすいという事が分かってもらえたかと思います。女性の気分の高揚は「女性ホルモン」を介しセロトニン分泌を調整しているという特徴を持っているので、女性ホルモン分泌に大きな変動のある「成長期」「出産期」「更年期」に大きな感情の変化が訪れます。鬱病は長期化してしまう事も十分に考えられる症状ですが、決して焦って直そうとせず、ゆっくり自分のペースで適切な治療薬の服用や心理療法を行っていけば必ず治癒する症状なのです。

関連記事です